育児・介護休業規程 - 2021年1月法改正対応版

¥ 9,900

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は1点までのご注文とさせていただきます。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(155913 バイト)

2021年(令和3年)1月から改正・施行される育児・介護休業法に対応した育児・介護休業規程の規定例です。

育児・介護休業法により求められる以下の義務について、会社は適切に対応する必要があります。

・育児休業
・介護休業
・子の看護休暇
・介護休暇
・育児・介護に伴う所定外労働・時間外労働・深夜業の制限
・育児短時間勤務
・介護短時間勤務

育児・介護休業法は、2017年(平成29年)10月に大幅に改正され、2021年(令和3年)1月から子の看護休暇・介護休暇の時間単位の取得が義務化されます。

特に休暇に関する労使のトラブルは多く、行政も規定例を示していますが、あくまで法令上の最低限の記載となっており、実務上のトラブル防止策となり会社が任意で定めることができる部分については未記載となっています。

そのため、本規程を参考に、御社の育児・介護休業規程を見直してください。

----------

本商品は単品による販売です。

育児・介護休業等の制度の運用に関するご質問・ご相談には、相談回数無制限のメール相談(1か月3万円)または個別コンサルティング(60分2万円)にてお引き受けすることになりますのでご了承ください。

※ご購入はクレジット決済となります。購入時に送信されるメールにダウンロードURLが記載されます。購入から3日間・3回までファイルをダウンロードすることが可能です。

※ 本資料はPDF形式で作成されておりコピー&ペーストによる利用が可能です。


ファイル名:育児・介護休業規程-2021-01改正対応版.pdf

通報する