従業員退職金規程 - ポイント制(解説付)(退職金規程-ポイント制-解説付.docx)

¥ 10,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(49392 バイト)

従業員への退職金制度としてポイント制を導入する際に用いる退職金規程です。

ポイント制とは、退職時の累計ポイント・退職事由別の支給率にポイント単価を乗じて支給額を決定する制度です。ポイント制度は役職等級制度に連動させることで、成果に連動させる等の自由な設計が可能であることから、新しく退職金制度を構築する会社に人気のある制度です。

退職金は金額が大きいため、頻繁に労使紛争が起こっています。本書式では争点となりやすい部分、会社として事前に対応すべき部分について規定例を示し、丁寧に解説しています。

例えば、退職金規程のひな形や、社労士が作成する退職金規程でも、「対象者が死亡したときは、労働基準法施行規則第42条から第45条までを準用して支給する。」と書かれていますが、本当にそんな規定で大丈夫ですか? その意味を理解していますか?

----------

本商品は単品による販売です。

ご質問・ご相談には、相談回数無制限のメール相談(1か月3万円)または個別コンサルティング(60分2万円)にてお引き受けすることになりますのでご了承ください。

※ご購入はクレジット決済となります。購入時に送信されるメールにダウンロードURLが記載されます。購入から3日間・3回までファイルをダウンロードすることが可能です。

※ 本資料はWord形式で作成されておりコピー&ペーストによる利用が可能です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する